So-net無料ブログ作成

【カジノ】任天堂マリオのエリアも新設シンガポールの統合型リゾート施設IR拡張で! [カジノの気になるワダイ]

【シンガポール=谷繭子】シンガポール政府は3日、カジノを含む統合型リゾート施設(IR)の拡大計画を発表した。既存のIRを運営する米ラスベガス・サンズとマレーシアのゲンティンがカジノやホテルなどの新増設に合計90億シンガポールドル(約7400億円)を追加投資するのを認めた。マリオなど任天堂の人気ゲームキャラクターが登場するエリアも新設される。

【広告】人気のカジノサイト

マリーナベイ・サンズは4棟目の高層ビルを新設する(完成予想図)

マリーナベイ・サンズは4棟目の高層ビルを新設する(完成予想図)

追加投資は2社が45億シンガポールドルずつする。IRの本格的な拡張は2010年の開業以来初めて。政府は運営会社の新規参入を認めず、追加投資を条件に、2社に30年末までIR独占運営免許を与えるとした。

ラスベガス・サンズが運営する「マリーナベイ・サンズ」は既存ホテルに隣接する土地を取得し、4棟目の高層ビルを建設する。1000室の客室すべてをスイートとし超高級ホテルにする。1万5千席のイベント会場もつくる。

観光地セントーサ島でゲンティンが運営する「リゾート・ワールド・セントーサ(RWS)」は2つのホテルを新たに設けるほか、テーマパークのユニバーサル・スタジオ・シンガポールに任天堂のゲームキャラクター、マリオなど任天堂の人気ゲームキャラクターが登場するエリアも新設される。続き⇒引用元

 今なら3つの特典を”無料プレゼント中”です!


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。